「太夫黒」生誕の地(源義経公の愛馬)

松川字卯入道平にある標柱

治承4年(1180年)、源頼朝が伊豆で挙兵し源平合戦が始まり、義経は兄に加勢しようと平泉を発ちましたが、このとき藤原秀衡公は、優れた家来であった佐藤継信、忠信兄弟を従者に遣い、馬1頭を与えました。
この馬は「太夫黒(たゆうぐろ)」といい、現在の松川地区で生まれた名馬であると言い伝えられ、書物に記されています。

○松川村名所旧跡書上(享保19年:1734年)【東山町史・資料編より】
一 大般若平(おおはんにゃひら)
 但、此所より藤原秀平の御代、源九郎義経公みされし太夫黒と申す馬、出候由申伝候。大般若黒とも申候由の事。往還筋より見へ申候山也。 

所在地 一関市東山町松川字卯入道平地内
連絡先 一関市役所東山支所産業経済課
電話 0191(47)4525
FAX 0191(47)2118
交通アクセス(JR) 大船渡線 岩ノ下駅下車 タクシーで5分