磐井清水若水送り

元旦の早朝に汲んだ若水を樽に入れて運ぶ道中

若水とは、元日の早朝に汲む水のことで、藤原秀衡公が元日の早朝に磐井清水の若水で一年の邪気を除いたと伝えられています。
当時は、里人たちが坂道に並び、手繰り(てぐり=手送り)で奈良坂峠、東岳峠を越えて、磐井清水の若水を柳之御所まで届けたといわれており、平成5年、約800年ぶりに地元有志たちによって若水送りが再現されて以来、現在も続けられています。
現在は、地元の有志らが烏帽子、狩衣、武士、山伏などの装束を身にまとい、かがり火を掲げ、法螺貝を吹き鳴らしながら、行列を組んで平泉町中尊寺まで若水を届けています。

所在地 一関市東山町松川字卯入道地内
連絡先 一関市役所東山支所産業経済課
電話 0191(47)4525
FAX 0191(47)2118
交通アクセス(JR) 大船渡線 岩ノ下駅下車 タクシーで5分